AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)認定を受けました。

すっかりブログ更新が滞りました。開業9ヶ月を迎え、今年も残すところあと3か月…。就業規則作成のご相談や勤怠システム導入のご相談等、主にスポットですが、社労士業務の奥深さ、難しさを感じる9ヶ月でした。

さて、この度、AFPの認定を受けました。
AFP(Affiriated Financial Planner; アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)は、日本FP協会が運営するFP資格です。
この「FP資格」ですが、実は2種類の資格に分かれています。

・「一般社団法人 金融財政事情研究会」が実施する国家資格「ファイナンシャルプランナー技能士」
・日本FP協会が運営する民間資格「AFP」「CFP」

私はこの夏にファイナンシャルプランナー技能士2級に合格することができたので、AFP認定研修を受講し、2級FP技能士と同等レベルに位置付けられているAFPの認定を受けました。

このAFP認定研修ですが様々な研修機関がそれぞれ実施しています。
私は「アーティス」という研修機関の通信教育を受け、確認テストと提案書を提出しました。確認テストはFP2級の知識があれば、ほぼ解答できるのですが、提案書は初めての経験だったので少し時間がかかりました。

AFP認定を受けると、会員として日本FP協会からの会報「FPジャーナル」を購読できたり、研修等の継続教育を受けることが可能です。定期的に知識のブラッシュアップができるので、まずは2年間、AFPとして活動してみようと思います。今後ともよろしくお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です